スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

成分がイオン化することで歯茎が黒ずんでしまうこともある

銀歯などの金属の被せ物は値段が安いというメリットがあります。しかし、金属の被せ物は金属アレルギーを引き起こすこともありますし、金属が溶け出して体内に蓄積してしまうこともあるので注意が必要です。

 

特に口内の金属は経年によって溶け出しやすいですし、成分がイオン化することで歯茎が黒ずんでしまうこともあるのです。また、歯茎が痩せると金属の部分が黒く見えてしまうこともありますし、目立ってしまうでしょう。しかし、オールセラミックなら金属を使っていないので金属の被せ物よりも安心感があります。

 

また、セラミックであるということは普通に見ただけでは分からないことがほとんどです。天然の歯に近い透明感や白さ、艶を演出できることが特徴であり、見た目を改善することができるでしょう。さらに、表面がつるつるしているので汚れが付着しにくいこともポイントです。セラミックの被せ物は審美性やアレルギー対策などに優れているということですが、保険が適用されないので治療費が高くなってしまうこともあるでしょう。

 

また、金属の被せ物と比べて耐久性が劣ってしまうこともあります。金属の被せ物だと被せ物と自身の歯の間に隙間ができてしまうため、虫歯ができやすくなってしまいます。歯を無くす原因となってしまうこともあるため、オールセラミックを検討した方が良いでしょう。

スポンサーサイト

コメント